このメニューではBMWオーナーにオススメのダイナースカードについてお届けしています。
最上級ワンランク上のステータスカード

最上級ワンランク上のステータスカード


最上級ワンランク上のステータスカード
クレジットカードを申し込みする時には、当然のことですが必ず審査が行われることとなります。
審査では個人信用情報機関の情報を参照することとなりますので、過去にトラブルがあった人は審査が厳しくなります。 「BMW エマージェンシー・サービス」が魅力的なBMW ダイナースカードなら、BMWのトラブル時に大活躍することでしょう。
また年間100万円以上カード利用で「BMWオリジナルグッズ」がプレゼントされるという特典もあります。通常BMWなどの高級車を購入する際にはクレジットカードの利用は出来ませんが、BMW ダイナースカードならそれが可能となります。
またカードを利用することによって有効期限が決められていないダイナースのクラブポイントも獲得をすることが出来るのです。BMW ダイナースカードというのは世界でも最高峰のクレジットカードとされるダイナースクラブとBMWジャパンが提携したクレジットカードとして注目されています。
ダイナースクラブの持っている本来の特典と豪華なサービスに加えて、BMW のオリジナルサービスも同時に受けることが出来ます。




最上級ワンランク上のステータスカードブログ:19/07/21

ミーのパパは聴覚言語障害者です。
音は全く聴き取る事ができません。
言葉は、パパが小学生の時に、
パパのお母さんがつきっきりで教えていました。

当時の祖母は、
パパが小さい頃に聴力を失ってから、
相当の間必死にパパの教育に対して一生懸命だったのです。

パパの言葉を借りると
「おばあちゃんはとっても厳しかった…
言葉を覚えるまで、ちゃんとしゃべれるまで何度も何度も繰り返した…」

相当スパルタだったみたいです。
そして、幼かった頃のパパは
言葉を覚えるのが相当苦痛で辛かったそうです。

昨年、パパが脳梗塞で入院をしました。
一時は回復したものの、
退院間際に病院内で転び不自由ではない手を負傷し、
両手が全く動かせない状況になってしまいました。

今現在も、連日介護をしているお母さんの負担を減らすべく、
実家に帰ってパパと一緒に過ごす時間を作り側についている状態です。

そして、1週間ほど前、
パパが入院している病室で2人きりになった時、
笑顔でミーに伝えてくれた事がありました。

「お父さんな、言葉覚えてて本当によかった。
おばあちゃんはとっても厳しかったし、覚えるのも辛かったけど。
でも、こんな状態でもちゃんとお前と話が出来る」

パパは、元々
口話(口を使って言葉を発しそれを聴き取る事)より、
手話を好んでおりました。

そして、ミーにも強制的に覚えるようにと強く言われ、
当時のミーは意固地になり口話での会話しかしない…
とパパに対して相当反抗していた時期もありました。

しかし、そんなパパが、言葉を使って、
それも嬉しそうに
「話す事が出来て良かった。会話できるのがとっても嬉しい」と
何度も何度も繰り返して伝えてくれるんです。

最上級ワンランク上のステータスカード

最上級ワンランク上のステータスカード

★メニュー

お得な大手銀行系のクレジットカード
どんな場所やものでも大活躍
お支払いは日本全国のコンビニでお得に便利
クレジットカードは学生も気軽に持つことが出来る
最上級ワンランク上のステータスカード
支払い方法を選んで後々困難にならない
海外へ頻繁に行かれる方に便利
シティエリートは特典が充実している
クレジットカードライフは利息を考慮して賢く
東京を拠点に活動している人へオススメ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ゼロから覚えるクレジットカード入門